一緒に飲んだら効果増大?!HMBとクレアチンの違いとは?

一緒に飲んだら効果増大?!HMBとクレアチンの違いとは?
単体で摂取しても大きな効果が得られるHMB。HMBと一緒にクレアチンを摂取すると筋力アップの効果が増すということはご存知ですか?
ですが、そもそもクレアチンとHMBの違いはあまり知られておりません。実践する前にその違いを知っておくと良いでしょう。

 

そこで今回は、HMBとクレアチンの違いについてご紹介いたします。

 

HMBとクレアチンについて

HMBとは、必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質のこと。筋肉増量や合成の促進・分解の抑制作用があります。それに対してクレアチンとは、アミノ酸の一種でエネルギー源となる物質のことです。クレアチンは身体の筋肉に含まれているもので、肉や魚などにも含まれています。

 

どちらもアミノ酸ということには変わりありませんが、クレアチンはタンパク質に含まれていないアミノ酸ということが大きな違いです。

 

クレアチンとの相乗効果

HMB単体でも効果を発揮しますが、クレアチンと合わさることにより相乗効果を生みます。反対にクレアチン単体での摂取はどうかといいますと、効果は期待できません。クレアチンはあくまでも運動するときのエネルギー源ですので、クレアチンを摂取したからといって筋肉が増量するわけではありません。

 

また、クレアチンを必要とするトレーニングは限られた場面です。それは短時間に大量のエネルギーを消費するような、無酸素運動の場面です。無酸素運動とは、短時間に強い負荷をかける筋力トレーニングのことを指し、反対に有酸素運動とはジョギングなどの軽い運動を指します。

 

クレアチンを摂取することで持久力アップ→トレーニングの時間が長くなる→筋肉増量 という流れをイメージするとわかりやすいですね。

 

それぞれの役割

車で例えるとクレアチンはガソリンのような働きをします。ガソリンをタンクに入れるのに上限があるように、私たちの身体の中に蓄えられるクレアチンの量も限られています。

 

HMBの1日の推奨されている摂取量は3gですが、クレアチンは1日3~5gです。これは人により、いわゆるガソリンタンクの大きさが違うためです。

 

摂取することによりすぐに筋肉に反映されるものではないため、摂取するタイミングに特に決まりはありません。クレアチンは飲み始めてから3週間たたないと効果が表れにくく、3週間は飲み忘れがないように習慣として摂取するタイミングを決めておくのがおすすめです。

 

飲み方にも特に決まりはありませんが、ジュースや水と一緒に飲むのが一般的です。

 

まとめ

 

一緒に飲んだら効果増大?!HMBとクレアチンの違いとは?
いかがでしたか?
HMBとクレアチンは全く別物です。組み合わせることによって効果がさらに期待できますので、試してみてくださいね。

 

よく読まれています

⇒HMBサプリのおすすめランキング!実際に使って効果があったのは?