知っておくべき!HMBの副作用とは?!

 

知っておくべき!HMBの副作用とは?!
みなさんはHMBというサプリメントをご存知ですか?こちらのサプリメントは2010年から日本で発売されており、比較的新しいもの。海外ではメジャーで愛好家も多いHMBですが、最近日本でも注目され始めています。

 

そこで今回はHMBサプリの簡単な知識と、副作用についてご紹介していきます。

 

HMBの成分と効能

HMBとは簡単にいうと筋肉サプリメントです。筋力アップ・筋肉増量・筋肉修復など主にこれら3つの作用を持っています。
筋力トレーニングの際の補助食品としてプロテインが最も有名なものの1つですが、プロテインが筋肉を作る成分(タンパク質など)が含まれているのに対して、HMBはタンパク質が分解されて筋肉増量に、より効率的な成分です。

 

イメージ的には、HMBは「普通のタンパク質より筋力増量に特化した上質なタンパク質」と覚えておくとわかりやすいです。

 

HMBの一日の推奨摂取量は3gといわれています。プロテインにもHMBは含まれていますが、3g分のHMBを摂取するためには20杯分も必要です。1日20杯もプロテインを飲むなんて到底無理ですよね。

 

HMBが筋力増量に関して効率が良い成分だということがお分かりいただけたかと思います。

 

HMBに副作用はあるか?

 

ですが、いかにメリットが多いものでもデメリットがあれば意味がありません。副作用があるようならHMBを手には取りませんよね。

 

結論でいいますと、HMBは通常の摂取量であれば副作用はありません。HMBはタンパク質から分解した代謝物になります。ステロイドのような薬品ではありませんので安心です。

 

注意していただきたい点として、推奨摂取量の3gを大きく超えた摂取はしないようにすることです。過剰に摂取すると身体に負担がかかってしまいます。今はたくさんのサプリメントがありますが、ほかのサプリメントのように推奨量を守っていれば何ら問題はありません。

 

もちろん体格や体質などにもよりますが、過剰摂取した場合は筋肉量が減少するというデータも出ています。2000年に発表された研究データでは、1日6gのHMBを摂取して8週間トレーニングを続けた被験者は筋肉量が減少しています。

 

無駄に飲むことはもったいないです。なぜ過剰摂取で筋肉が減少したのかは未だに不明ですが、1日3gはしっかりと守りましょう。

 

まとめ

 

知っておくべき!HMBの副作用とは?!
HMBの副作用はお分かりいただけましたか?HMBは食品代謝物ですので摂取量を守っていれば副作用なく健康的に筋肉増量をすることができます。
参考にしてみてくださいね。

 

よく読まれています

⇒HMBサプリのおすすめランキング!実際に使って効果があったのは?